有料プランをお得に登録 ➜

【WEBで設定】PayPayなどの連携できない金融機関をマネーフォワードMEで管理する方法

PayPayを管理する方法

PayPayをマネーフォワードMEで管理したいと思ったことはありませんか?

しかし、現在PayPayはマネーフォワードMEに連携ができません。

実はPayPayと直接連携ができなくても、管理する方法があります。

かぼす
かぼす

私は1年ほどPayPayを管理して支出を把握しています。

この記事を書いた人
かぼす
  • マネーフォワードMEの利用歴は2年以上
  • 無料プランのままで年間100万円以上の貯金に成功
  • 現在は有料プランで利用中

この記事ではPayPayをマネーフォワードMEで管理する方法をお伝えします。

ご覧いただければ、PayPayの支出を正確に把握できるようになります。

PayPayをマネーフォワードMEで管理する方法
  • PayPayの支払い方法をクレジットカード払いにして管理する
  • PayPayに連携させている銀行口座をマネーフォワードMEに連携する
  • マネーフォワードMEのWEB版で「未対応の資産」の項目を作成して管理する

今回の方法は全て無料プランの方でも可能です。

さらに最後の「未対応の資産」の追加では、PayPay以外の連携できない金融機関も管理できます。

PayPayの支払い方法をクレジットカード払いに変更して管理

支払い方法をクレジットカードに

PayPayの支払いを残高払いにされている方が多いと思います。

支払い方法を登録しているクレジットカード払いに変更して管理しましょう。

  1. PayPayの支払い方法をクレジットカード払いに変更
  2. 支払いに設定したクレジットカードをマネーフォワードMEに連携する
  3. PayPayで支払いをするとマネーフォワードMEに明細が反映される

PayPayの支払い方法を変更

まずはPayPayの支払い方法をクレジットカード払いに変更しましょう。

PayPayの支払い方法を変更する手順
  1. PayPayのアプリ画面を開く
  2. 「支払う」➜「PayPay残高」➜「クレジットカード」を選択

PayPayにクレジットカードを登録されていない方は、「アカウント」➜「支払い方法の管理」➜「クレジットカードを追加」で登録しましょう。

支払いに設定したクレジットカードをマネーフォワードMEに連携する

次に支払いに設定したクレジットカードをマネーフォワードMEに連携しましょう。

連携することで過去の支出も家計簿に反映させることができます。

デメリット

デメリット

「商品名」は明細に反映されない

「商品名」は明細に反映されない

明細を確認すると、PayPayで支払いをしたことまでは分かりますが「商品名」は反映されません。

何を購入したか分からない
何を購入したか分からない
かぼす
かぼす

商品名を把握したい場合は、明細のメモ欄に購入した商品名を入力しておきましょう!

何を購入したかメモに入力
何を購入したかメモに入力

メモに商品名を入力しておくことで、過去の明細を探すときに見つけやすくなるので、家計簿を振り返りやすくなります。

PayPayに連携させている銀行口座をマネーフォワードMEに連携する

残高チャージしている銀行口座をマネーフォワードMEにも連携する

PayPayに連携させている銀行口座をマネーフォワードMEに連携しましょう。

銀行口座からPayPayへのチャージ金額で支出を管理する

連携している銀行口座からPayPayへチャージすると、銀行口座からチャージした金額がマネーフォワードMEに反映されます。

銀行口座さえ連携しておけば、チャージ金額を自動で家計簿に反映してくれます

デメリット

デメリット

「商品名」は明細に反映されない

「商品名」は明細に反映されない

PayPayにチャージした金額は分かりますが、「商品名」は明細に反映されません。

何を購入したか分からない
何を購入したか分からない
かぼす
かぼす

商品名を把握したい場合は、明細のメモ欄に購入した商品名を入力しておきましょう!

何を購入したかメモに入力
何を購入したかメモに入力

メモに商品名を入力しておくことで、後で家計簿を振り返りやすくなります。

マネーフォワードMEのWEB版で「未対応の資産」の項目を作成して管理する

マネーフォワードMEのWEB版で「未対応の資産」を作成して管理する

ほとんどの方はスマホアプリでマネーフォワードMEを使用されていると思います。

かぼす
かぼす

「未対応の資産」の追加はWEB版専用の機能です。WEB版にログインして設定しましょう。

  1. マネーフォワードMEのWEB版にログイン
  2. 未対応の資産「PayPay」を追加する
  3. PayPayで支払いをしたら、手入力や電子レシートで管理

マネーフォワードMEのWEB版にログイン

アプリ画面からWEB版に移動できます。

アプリの「口座」画面下の「口座追加」をタップ
アプリ画面下の口座追加をタップ
一番下の詳細を見るをタップしてWEB版に移動する
一番下の詳細を見るをタップしてWEB版に移動する

「未対応の資産」を追加する

マネーフォワードMEのWEB版で未対応の資産の追加ができます。

「未対応の資産」の追加方法
WEB版で金融機関の追加をタップ
WEB版で金融機関の追加をタップ
「金融機関カテゴリ」をタップしてカテゴリを選択
タップしてカテゴリを選択
名前・残高を入力して登録
名前・残高を入力して登録
追加が完了したら、アプリ画面で確認
追加完了したらアプリ画面で確認

PayPayで支払いをしたら手入力で管理

PayPayで支払いをしたら、手入力をして管理していきましょう。

明細の支出元を選択
支出元を選択
支出元を選択してOKをタップ
選択してOKをタップ
支出元を確認して保存をタップ
支出元を確認して保存をタップ
入力した明細が残高に反映されているかを確認
残高に反映されているかを確認

デメリット

デメリット

支払いをしたら手入力をする必要あり

PayPayは連携ができないので、自動での明細取得に対応していません。

自分で項目を作成したあとは手入力をしていく必要があります。

【デメリット対策】PayPayは電子レシートの読み取りに対応

手入力だと面倒だし忘れてしまう…という方はPayPayの電子レシートの読み取りを試してみましょう。

かぼす
かぼす

電子レシートを読み取ると、PayPayの支払い画面からマネーフォワードMEの入力画面に直接移動できます。

電子レシートの入力方法

電子レシートの入力方法
PayPay支払い完了画面の右上にある共有をタップ
支払画面の右上にある共有をタップ
マネーフォワードMEを選択
マネーフォワードMEを選択
マネーフォワードMEの画面に移動するので、購入したものをメモに入力して保存をタップ
購入したものをメモに入力して保存

電子レシートの読み取りは、支払い直後に明細を入力できるので手間も少なく忘れにくいです。

【その他】PayPay以外の連携できない金融機関も追加して管理する

その他の連携できない資産、「財布」「メルペイ」「Apple Gift Card」「Google Play ギフトコード」を追加して管理する

PayPay以外の連携できない金融機関も管理することができます。

  • 財布
  • メルペイ
  • ギフトカード、ギフトコード など…

財布

財布を登録することで、手元の現金を管理できます。

  • 現金での支払い
  • ATMで現金をおろしたとき
  • 支払いを立て替えて現金を受け取ったとき
かぼす
かぼす

「財布」の登録はアプリでも可能です。

財布を作成する方法
画面一番下の口座ボタンをタップして、連携先の追加ボタンをタップ
①画面一番下の口座ボタンをタップ
②連携先の追加ボタンをタップ
iPhoneをお使いの方

①口座ボタンをタップ

②画面右上の「+追加」ボタンをタップ

画面一番下の現金(財布を作成)をタップ
画面一番下の現金(財布を作成)をタップ
財布の名前・金額を入力し、ATM連動にチェックを入れて登録するをタップ
財布の名前・金額を入力し、ATM連動にチェックを入れて登録するをタップ
かぼす
かぼす

私は連携してある全ての銀行口座にチェックを入れました。 どの銀行口座で現金を引き出しても、マネーフォワードMEが自動で振替をしてくれます。自分で仕分けをする手間が一切なくなりました!

また名前・残高・ATMを連動させる銀行口座は後からでも変更できます。

登録完了したら口座画面で確認できるようになります
登録完了したら口座画面で確認できるようになります

メルペイ

メルカリを利用されている方は、メルペイを追加することで売上金や支払いを管理することができます。

ギフトカード、ギフトコード

各種ギフトカードやギフトコードを登録して管理することができます。

  • Amazonギフト
  • Apple Gift Card
  • Google Play ギフトコード

Amazonギフト

Amazonギフトとは、通販サイトのAmazonで現金と同様に使用できるギフト券のことです。

登録して管理することで、Amazonギフトのチャージや支払いに使用した際に、残高をマネーフォワードMEの画面で確認することができます。

かぼす
かぼす

ギフト券の残高をマネーフォワードMEの画面で把握できると、毎回Amazonのサイトで確認する手間が省けます。

Apple Gift Card

Apple Gift Cardとは、Apple製品の購入やサービスの支払いに利用できるギフトカードです。

登録して管理することで、残高をマネーフォワードMEの画面で確認することができます。

Apple Gift Cardはアプリの支払いにも使用することができます。

マネーフォワードMEの有料プランの料金をApple Gift Cardで支払うことができます。

かぼす
かぼす

アプリの有料プラン料金をApple Gift Cardで支払うことで、お得に支払いをすることができます。

Google Play ギフトコード

Google Play ギフトコードとは、Googleアカウントにチャージして支払いに使える電子マネーです。

登録して管理することで、残高をマネーフォワードMEの画面で確認することができます。

Google Play ギフトコードはアプリの支払いにも使用することができます。

マネーフォワードMEの有料プランの料金をGoogle Play ギフトコードで支払うことができます。

かぼす
かぼす

アプリの有料プラン料金をGoogle Play ギフトコードで支払うことで、お得に支払いをすることができます。

連携できない金融機関を管理して、自分の支出を正確に把握しよう!

連携できない金融機関を管理して、自分の支出を正確に把握する

連携できない金融機関を管理することで、今までよりも自分の支出を正確に把握することができます。

PayPayをマネーフォワードMEで管理する方法
  • PayPayの支払い方法をクレジットカード払いにして管理
  • PayPayに連携させている銀行口座をマネーフォワードMEに連携する
  • マネーフォワードMEのWEB版で「未対応の資産」の項目を作成して管理する

PayPayを日常使いしている方は多いので、管理をしないと支出を把握することができません。

かぼす
かぼす

支出を把握できないと、家計簿を振り返っても何を改善すれば良いか分かりません…

  1. 連携できない金融機関を管理することで、正確に支出を把握できる
  2. 正確に支出が把握できれば、家計改善が捗る
  3. 家計改善が捗ればお金を貯めやすくなる
  4. お金が貯まれば好きなことに使えるようになる

自分の好きなことにお金を使えるようにするため、お金が貯まる家計簿を作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA